製品・サービス

オフショア開発業務

大型の開発業務を、要望の解析、基本設計までを日本で行い、詳細設計及び製造、単体テストを原価の安い中国で行い、結合テスト、システムテストを日本で行う、いわゆるオフショア開発は、ここ数年日本のIT開発現場で浸透しつつある手法です。しかしオフショア開発を成功させるためには、経験豊かなブリッジSE(BSE)と、高い技術力を持った中国側の受け入れ体制が不可欠です。

当社は初めからオフショア開発を目指して設立され、日本企業様からの案件を長年こなしてきたBSEが対応します。また中国側の受け入れ体制も中国トップクラスの技術力を誇る親会社に専門部署を設け、万全です。コスト削減、リスク分散、品質保証が当社の理念です。事例をご紹介します。

事例-1 ● 開発内容 : 量販店システム
● 開発工程 : 基本設計、詳細設計、製造、結合テスト
● 開発方式 : 一括請負(日本恒生要員は、日本お客様企業の技術者と共同で要件定義を行い、
中国側にて詳細設計~結合テストを担当)。
● 開発環境 : Java(サーバー側)/C++(クライアント側), Oracle9i
● 開発規模 : 200人月
事例-2 ● 開発内容 : 薬事台帳システム
● 開発工程 : 詳細設計、製造、性能テスト、統合テスト
● 開発方式 : お客様企業(日本)にブリッジSEを常駐し、中国の開発センターにて詳細設計、製造、 性能テスト、統合テストを担当。
● 開発環境 : WindowsXP/VB.NET
● 開発規模 : 120人月
事例-3 ● 開発内容 : WEBでの入退室管理システム
● 開発工程 : 詳細設計、製造、性能テスト、統合テスト
● 開発方式 : お客様企業(日本)にブリッジSEを常駐し、中国開発センタにて詳細設計、製造、
性能テスト、統合テストを担当。
● 開発環境 : Java/Seasar2/Oracle
● 開発規模 : 45人月

オンサイト開発支援業務

昨今コンピュータシステムの開発現場では、納期厳守と技術者不足の中、残業による作業や休日出勤といった厳しい状況が続いています。また、機密情報守秘のためオフショア案件として切り出せない、稼動する環境が複雑で外には開発環境を構築しづらい、大型案件の一サブシステムを担当するなど、開発現場をユーザ先に求められる場合も実は多いのです。そうしたIT現場の開発支援を行うのが「オンサイト開発支援」です。当社の中国人開発技術スタッフは、日本人技術者と共同開発した経験が豊富で、仕様書の読み書きはもちろん、日本語での会話も業務に支障を来たすことはありません。豊富なリソース。迅速な対応、効率的な開発、以上がオンサイト作業におけるわが社の理念です。

得意分野
 

ビジネス分野 金融(証券、基金、銀行、先物)、通信、コールセンタ、交通、電子政府、組み込み(携帯、PDA)、デジタルコンテンツ、各種ウェブシステム等
コンピュータ技術 OS: Unix、Linux、Windows
DB: Oracle、Sybase、Informix、DB2、SQLServer、PostgreSQL
ミドルウェア: Weblogic、Websphere、TongLink、MQSeries, Tuxedo
言 語: Java、C/C++、Delphi、C#、VB、ASP
プロトコル: TCP/IP、SPX/IPX、E1、ISDN、H.322、SIP等